Spanish Wine Exclusives

Grupo
Spanish Wine Exclusives

ロス・アウトレスはスパニッシュ・ワイン・エクスクルーシブスによって創出された、ワイン界において稀有な存在です。ヴィンテージごとに均一なリオハワインを造るのではなく、限定生産の特別なキュヴェシリーズとして、リオハの熟練醸造家たちによって生み出されています。これら番号付きエディションは、ワイナリーの大量生産プランには収まらない、醸造家が丹精を込めて開発した特別な少量キュヴェです。
我々はこれら価値ある特別キュヴェを見つけ出し、進化し続けるこのシリーズの最新版として提供します。キュヴェの特性は、探求心に富んだものから、ワイナリーの典型的スタイルから逸脱するもの、あるいは醸造家の個人的趣向に沿ったものまで多岐にわたります。各エディションはリオハのワインとその歴史をより深く理解し、ワイン造りという魅力的な芸術に敬意を表すための試みです。
エディションNo.1、No.2、No.3はリオハの醸造界の伝説であるエゼキエル・ガルシアによって造られ、彼の1940年代から1950年代の形成期に遡る古典的なスタイルで作られました。特別に選ばれたブドウ、少量のヴィウラの白ブドウを用い、古い木樽での長期熟成とラッキング、そして大型木樽での瓶詰め前の期間を経て、リオハの優雅な過去のエッセンスを表現しています。ガルシアは「リオハの魔法使い」とも称される、その深い知識と尊敬されるブレンド及び樽熟成の技術によって名声を博しました。
最近のエディションNo.4とNo.5では、現在ほとんど見られなくなった白リオハ・グラン・レセルバのボトリングを復活させ、「カベサ・デ・クバ」スタイルに焦点を当てています。リオハの全盛期には多くの名家が卓越した白ワインを生産していました。歴史的な白ワイン同様、これはワイナリーの最上位に位置する白ワインであり、主要なブドウにヴィウラとテンプラニーリョ・ブランコを使用し、ヴィンテージによってマルバジアやガルナッチャ・ブランカ、マトゥラーナ・ブランカ、シャルドネなどが少量ブレンドされます。「カベサ・デ・クバ」は、ワイナリーの頂点を極めるブレンド、すなわち最上級キュヴェを意味し、各樽の最も優れた上部から引き出されたワインは、特に洗練さと透明感をもたらすために選ばれます。