Spanish Wine Exclusives

Grupo
Spanish Wine Exclusives

“I Think” マンサニージャは、限定生産でフレッシュかつ複雑な淡い金色のドライ白ワインであり、シェリーの最も特徴的で優れた地域、DO Jerez-Xérès-SherryおよびManzanilla de Sanlúcar de Barramedaを象徴する独特な一例です。

このワインはエキポ・ナバソスによって慎重に選ばれたもので、単一ロットのシェリー希少品シリーズ「ラ・ボタ」とともに、特別なプロジェクトの範疇にあります。

“I Think” において、エキポ・ナバソスは市販の大量生産マンサニージャと熟成したラ・ボタとの間に位置する、非凡なバレルを見つけ出しました。これらのバレルは「エン・ラマ」の新鮮さと活力、そしてブレンドによる一体感のある複雑さ、バランス、味わいの長さを持ちます。このバレルセレクションにより”I Think”が生まれ、定期的に樽から取り出され(シェリー用語で「サカ」)、適切に保管され、ボトル内で美しく進化します。
“I Think” という名称は、理性の勝利の象徴であるチャールズ・ダーウィンへの敬意を表して名づけられました。ここでは、真の未加工マンサニージャが何であるかを問い直しています。”エン・ラマ”の性質はその魅力の一部ですが、適切に冷涼で温度管理された条件で保存された場合、他の上質なワインと同様にゆっくりと成熟し、新鮮さの一部を上品な複雑さに置き換え、ラ・ボタシリーズの特性へと進化します。
2014年4月に樽から抜かれたこのドライでリフレッシングな「エン・ラマ」シェリーは、2013年2月の抜栓よりも新鮮で、複雑さとボディが増しています。香りにははちみつ、蜜蝋、白花、塩気を帯びたアーモンドがあり、グラスに注ぐと青りんごやバター生地のニュアンスが現れます。口当たりはクリスピーで、酵母の豊かな甘みと組み合わさり、舌の上で活き活きとした刺激を与えます。口中ではチョークとライムの皮のノートが感じられます。口当たりは滑らかで明るく、ナッツと塩水の微かなヒントが続く洗練されたフィニッシュに流れ込みます。バランスが取れており、マンサニージャの本質を美しく表現しています。少なくとも、我々はそう考えています。