Spanish Wine Exclusives

Grupo
Spanish Wine Exclusives

ラサルスワインはスペインで出会った最も興味深いワインメイキングプロジェクトの一つです。センソリアルワインメイキングという画期的な手法を導入しています。これは、盲目の醸造家の高度な感覚を利用して、シラー、メルロー、ヴィオニエなどの品種から、特に表現力豊かなワインを生み出しています。
ボデガス・エドラは、ウエスカ県のアジェルベに位置し、リベラ・ガジェゴ – シンコ・ビリャスのワイン産地にあります。この地域は、海抜500メートルで石灰質粘土と大きな河川由来の石の混ざる土壌、大陸性気候の特徴を持ちます。盲目の人々はセンソリアルワインメイキング手法を学び、2つのコースを受講します。1つ目はラ・リオハのONCE(スペイン盲人組織)で行われる栽培、ワイン造り、ワインテイスティングのコース、2つ目はラ・リオハ大学でアントニオ・トマス・パラシオスによって教えられる感覚コースです。
この手法では、各段階でワインのタイプに合わせてカスタマイズされ、醸造過程での微生物代謝のキーとなる化合物を盲目の醸造家が定期的に味わい分析します。この分析は、発酵温度、曝気の度合い、マセレーション時間、澱の質や保持期間、そして使用する樽のタイプなどの醸造決定に直接影響を与えます。また、ブドウの最適な収穫時期や発酵前のクリオマセレーション処理を判断するためにも用いられます。センソリアルワインメイキングは、化学分析で明らかになる前に潜在的な問題を察知する能力を持つことで知られています。
この技術的で革新的なアプローチは、シラー、メルロー、ヴィオニエの貴族的な品種を反映し、地域の特徴を表現する上質で風味豊かなワインを生産しています。ラサルスワインは、盲目のコミュニティに対する貢献だけでなく、ワイン業界全体にとっても価値ある存在です。そのブライユ文字入りラベルは、盲目の醸造家が持つ特異な感覚能力と、ワイン製造過程の優れた監視能力を象徴しています。