Acode Red 2009

複雑で果実味溢れる赤ワイン。
さまざまなベリー類の香りが中心となり、バニラとスパイスに黒土のニュアンスを感じます。しっかりとしながらしなやかな口当たり。際立ったバランスと程よいタンニンが長く心地よい余韻を残します。
厳選された畑の樹齢の高いブドウのクローンから造られた味わい。それが特徴的な複雑さを演出しています。


Acode Red/Whiteの名前は、昔のブドウ畑で使われていた技術である ”acodadura” という製法からつけられました。
Acodadura製法とは、弱ったり傷ついたりしたブドウの木を破棄してしまい すぐに新しい木を植える代わりに、ダメージを受けたブドウの木を引き抜いたのち、しばらくそのままにしておき自然の力に任せる方法です。
隣接するブドウの木がなくなった隣のブドウの木は、その枝を次第に地面に向かって伸ばしていき、時間をかけて以前引き抜かれたブドウの木の根のところまでたどり着き、またブドウの実をならす木になります。
このメソッドを繰り返し行うことで、歴史あるブドウの木が守られ、伝統的なワインの味わいも守られます。
Acodeのラベルの”o”の文字は、このメソッドをイメージして描かれています。

Basilio Izquierdo “Acodo” Red 2009
Technical Information

Press Ratings:

Region: La Rioja

Appellation: Rioja DOCa

Blend: 85% Tempranillo, 15% Garnacha

Aging Level: -

Style: -

Color: Red

Sparkle: Still

Sweetness: Dry

Fortification: Unfortified

Elaboration Details:
After alcoholic fermentation in stainless steel, approximately half is aged in special glass-lined concrete tanks and the rest is aged in 225L French oak barrels (previously used for "B de Basilio" red). Bottled May 2012.

SWE Portfolio: Boutique Wine

Suggested Retail Price (SRP): $30