果皮ごと醸造されたのち、アルコール醗酵後にも果皮と12ヶ月もの間スキンコンタクトを行い生まれる”オレンジ”スタイルのワインです。
何千年も前から東欧のジョージアで造られているオレンジワインの製法を、高地栽培の高品質なヴィウラ100%で再現したこのワイン。果皮と澱と共に12ヶ月もの長い期間クリアンサする以外、人為的介入は一切受けずに造られるます。ボトリング時にはとても軽いフィルタリングを行います。

まずコルクを抜いたら、空気に少し触れる必要があります。その後まず感じる香りは焼きリンゴ、ビーポーレン(蜂花粉)、青リンゴの皮です。時間と共に変化に富む香りは、新鮮なアプリコット、洋ナシ、レモン、またイチジクや柿、ムスクや紅茶と複雑。長いスキンコンタクトが与えた特徴際立つ果実のニュアンスは、野生の酸の強い青いリンゴとよく熟したブドウを思い起こし、きっしりとしたタンニン、厚みとボリューム感のある味わいです。赤ワインのような飲みごたえがあるが、リオハアルタの私たちのヴィウラの特徴である清涼感をはっきりと感じられるでしょう。

最良なお料理との組み合わせは、炭火焼の青魚、セミハードのチーズ、味付けオリーブの実です。
ナンバー入りボトルで、1500本限定生産。


リオハ・アルタの高地に位置する村Cordovinにあるボデガス・オノリオ・ルビオは、100年以上続く家族経営の伝統をベースに、革新的なスピリットを持ってワイン造りを行なっている小さなワイナリーです。

Honorio Rubio “Macerado” White 2014
Technical Information

Press Ratings:

Region: La Rioja

Appellation: Rioja DOCa

Blend: 100% Viura

Aging Level: -

Style: -

Color: Orange

Sparkle: Still

Sweetness: Dry

Fortification: Unfortified

Elaboration Details:
Elaborated in the ancient method of long grape skin contact, often referred to as “orange wine.” It was kept in contact with skins until bottling on September 30, 2014.

SWE Portfolio: Boutique Wine

Suggested Retail Price (SRP): $30