やがて公開されるバシリオ・イスキエルドのワインがLuis Gutiérrez氏によるThe Wine Advocate, Issue 226 (August 30, 2016)により、高い評価を受けました。白ワインの”B de Basilio” 2012 Blanco と赤ワインの “B de Basilio” 2010 Redがどちらも93点と採点されました。高く評価された点は赤白共にそれらのバランスでした。1つ挙げるならば白は完璧に樽のニュアンスが融合している点。赤はすべてのバシリオのワインがそうである様に、とても上品で洗練されていると。

“B de Basilio” 2012 WhiteはUSマーケットへ間もなく到着する予定です。”B de Basilio” 2010 RedについてLuis Gutiérrez氏はこう述べました。「とても若いワインに感じます。そして間違いなくこのワインは長期熟成に向くワインでしょう」と。その通りでこのワインはまだ若く、通常私たちはワインを開けて飲むのにもっと数年の時間を置いてからにしています。”B de Basilio” 2008 Redは最近USマーケットでリリースしたのですから。

近年はマーケットによりリリースする時期というのは多様化しています。

BASILIO IZQUERDO WINES: