Honorio Rubioの限定エディションのリオハ白ワインが、The Wine Advocate, Issue 226 (August 30, 2016)のLuis Gutiérrez氏の記事において、強烈デビューを果たしました。ソレラ熟成ノンヴィンテージの “Añadas” (生産量限定2012本)が93点。長いシュールリー製法による熟成の”Lias Finas”が92点。長いスキンコンタクトによるオレンジスタイルの”Macerado”が91点と 採点されました。初めてのこの合衆国最高峰の評論としてはまずまずの結果でした。

きっと今回の採点結果より大事なポイントは、Gutiérrez氏が記事をこんな言葉で書き終えているところかもしれない。Honorioの革新的で品質を追求するテクニックはHoronrio以前には存在しなかったものだ。これは”リオハのお手本となる新たなワイン”ではないかと。私たちは完全に意見が一致します。Honorioの創造するワインからは目を離せられません。今日のスペインに現れた最もワクワクさせられるワインのひとつでしょう。

HONORIO RUBIO WINES: